脱腸とは | 肌の悩みや病気を皮膚科で解決、多くの施術で多くの病気に対応

肌の悩みや病気を皮膚科で解決、多くの施術で多くの病気に対応

脱腸とは

脱腸の症状等について

 脱腸とは腸の一部が飛び出すという症状です。ほとんどが肛門から外へ飛び出すという特徴があるので、中にはイボ痔と勘違いする人も少なくないです。ただ、イボ痔は自然と治る場合がありますが、脱腸は自然に治る可能性はないです。そのため、早めに病院で治療を受ける必要があります。  脱腸が起きる原因はいくつかあります。代表的なものとしては、いきみ過ぎがあります。排便をする際等に強くいきみ過ぎると、直腸の内側粘膜を支える組織が壊れて脱腸になる事があるのです。他にも、加齢や直腸を支えている筋肉の衰え等があります。  脱腸の代表的な症状としては、腸の一部が体外へ飛び出す以外にも、肛門周辺に起きる痒みや痛み、肛門からの出血等があります。

具体的な治療方法について

 脱腸の治療方法は、原因や状態等によって異なってきます。そのため治療の前に、自分に起きている脱腸の原因を明確にする必要があります。  いきみ過ぎ等が原因となっている場合には、薬物治療が行なわれる事が多いです。専用の薬を使って症状の改善を行なっていきます。また、それと合わせて行なわれるのが、排便障害の解消です。強くいきむという事は、普段の排便がスムーズに行われていないという事になります。そのため、食物繊維を積極的に摂取する等して、排便がスムーズに出来るようにしていきます。  筋肉の衰えや加齢による脱腸は、手術を行なうのが一般的です。ただ、手術と言っても飛び出している腸を切除したりはしないです。飛び出ている部分を縛って適度な長さに整えたり、仙骨に直腸を引っ掛ける等の処置が行なわれます。