肌の悩みや病気を皮膚科で解決、多くの施術で多くの病気に対応

爪水虫の恐怖

爪水虫になってしまうのはどうしてでしょうか。

足の指を不潔にしておくと、いつの間にか足の指がむず痒くなってきます。それは水虫です。水虫と知らずに長期間放っておくと、いつの間にか水虫菌が爪を侵食してしまいます。それが爪水虫です。爪水虫は一度罹ってしまうとなかなか治らないので、かなり厄介な病気です。足の爪だけでなく、手の指にまで移ってしまう場合もあります。爪水虫に罹ると、爪が白く分厚くなってしまいます。爪に違和感を感じるので、夏にサンダルを履くのも気が引けますね。爪には神経が無いので痛くも痒くもありません。だから、つい、「まあ、いいか。」で放っておくと、どんどん爪は分厚くなり手に負えなくなってしまいます。靴を履くときに痛みさえ感じるようになってしまうのです。

治療は早めが肝心です。

爪水虫の発症の前には、まず足の指が水虫に感染しているはずです。その水虫を放っておくことなく早めに治療を行うと、水虫の段階で直すことが出来ます。でも、忙しくて放っておいたり、自分で間違った治療を行ってしまうと、爪水虫を発症してしまうのです。だから、早めの治療を皮膚科で行うことが肝心です。治療のひとつとして、塗り薬等の外用薬での治療では効果が現れにくいといわれています。菌が奥深く潜んでしまっているので薬が届かないからです。まれに、外用薬でも効果が期待できる薬剤もあるそうなので、医師に相談してみると良いでしょう。爪水虫の治療により効果があるのは内服薬による治療だと言われています。外用薬では届かない奥の菌まで殺すことが出来るからです。ただ、肝臓に負担がかかる可能性があるので、医師との相談のうえの治療が必要となります。